ディテクティブボーイ

日々の感想 様々な視点 世の中をディテクティブ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローンサバイバー

2014.04.12 (Sat)
ローンサバイバー鑑賞

2005年の実際にあったレッドウィング作戦が基
アメリカ軍によるタリバン政権指導者暗殺の任務中
4人の米兵が100人あまりのタリバン兵士に囲まれ
たった一人が奇跡の生還を果たした

良かったわぁ
兵隊の精神力がかっこよすぎる
彼ら絶対にあきらめないんだよ!!
たとえ4対100でも!
体中を何箇所も撃たれても
絶対にあきらめない
それどころか自分が犠牲になって仲間を活かそうとする
かっこよすぎるぜアメリカ軍・・・
冒頭に実際の訓練シーンが映るんだけど
あの過酷な訓練で精神力と仲間意識を強くしてるんだね。。
この映画はほんと
兵隊の壮絶さ、覚悟、精神力を描いてるね

''絶対に戦いから逃げるな''

これは名言ですわ。心に刻みます
逃げねえぞおれぁ!!!

そんで映画の魅力ってのが再認識されたわ
映画とは疑似体験なんだと

レッドウイング作戦て
アメリカ軍史上最悪の結果に終わった作戦とも言われてて
結構メディアでも報道されてその詳細が文章化されてるんだけど

文章と映像とじゃその情報量が全然違いますね

文章で「激しい銃撃戦」て書かれてるだけでも
俺たちは銃撃戦なんて経験したことないから

へぇ、銃で撃ちあったんでっしゃろか

とか間抜け顔で想像することしかできないんですよ!

でもこれを実際に映像化して目の前につきつけられると

なんて壮絶・・
言葉もでません
人がバンバン死んでく

兵士もためらいもなく殺してく
こんな世界が、今現在も世界のどこかでおこってるんだと思ったら
僕たちの生活はなんて幸福なんだろう
なんてあまえているんだろう
自分にこの紛争を止めらっれないのかって真剣に考えちゃいました。

だってそうじゃないですか
みんな同じ人間なのに
彼らは殺し合って
僕たちは銃の重さも知ることなく
挙句ゲームで人を殺して楽しんでる始末
皆で真剣に世界の問題に立ち向かえば解決できるかもしれないのに

というか、そもそも僕はなんでこんな紛争をしているのかも知りません
多分多くの人が知らないでしょう
調べたら宗教が大きく関わっているそうで
宗教音痴の日本人の僕たちには理解もできないでしょうね
どうやったら殺し合わずに済むんだろ

アメリカが9.11のあと
報復としてアフガニスタンを攻撃して
多くの一般人が巻き込まれたけど
そんなんじゃ余計悲しみをうむだけじゃないか
なんとか手と手をとりあって生きてく未来はないのか

なんか曲の歌詞とか漫画で取り扱われそうなテーマですねw
歌ってどうこうなるわけないけど

自分の人生の使い方を考えないとな

自分のためだけに使って、贅沢できる暮らしを目指すのか
世界のために従事するのか

ボランティアいこ笑

*追記*
宇多丸さんのムービーウォッチメン見て、
たしかに、助かった理由が宗教上の理由って
これはすごい皮肉だわ。鳥肌たった。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。