ディテクティブボーイ

日々の感想 様々な視点 世の中をディテクティブ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウドアトラス

2013.04.02 (Tue)
おひさし!
最近自分が所属してる劇団の公演があって忙しくあまり更新できませんした

そんな久しぶりのレビュー・・・

予告を見て以来気になっていた作品、クラウドアトラスを鑑賞してきやした!

マトリックスの監督が制作した作品だそうで、期待大で見に行きやした!

↓↓以下ネタバレ込です↓↓


















感想は、
長い!濃い!壮大!

よって観たあと結構つかれましたね~

なにせ6つの違う時代のお話が同時展開するわけですから

それぞれのストーリーを頭に入れながらつながりを理解するのは

なかなか大変でしたねー

お話はそれぞれ

・奴隷制度が残る航海時代の弁護士
・作曲家として成功を夢見るイケメンホモ
・政府の陰謀を追う女ジャーナリスト
・ヤクザな奴らから逃げ回る萎びた編集者
・近未来の自分の生き方に疑問を覚え始めるクローン
・世界が滅んだ後、生き続ける男

を主軸としたお話で

上にあげた6人はそれぞれほうき星のあざを持っています

この全員が1つにつながってるんですね

各お話でも、全時代の自分に関する何かがでてきておもしろいです

さらにいつの時代でもある重要な人物と出会うのですが・・

・黒人奴隷
・ホモの彼氏
・上のホモ彼氏が引き続き登場
・??
・クローンを助ける革命軍の戦士
・文明が残る国からきた女

萎びた編集者のとこだけ誰なのかわかんなかったんですよねー

この人物たちも1つにつながってて

この2つの人物像たちが必ずいつの時代でも出会うっていう

世界の運命の存在を肯定した映画ですね

このことを予告で知っていたので

それをもっと深く掘り下げるかと思いきや

全然それぞれの話が独立(微妙につながりありますが)

していたのでちょっと残念でしたね~

なにより長くてもう一回見るのは疲れるかな~
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。