ディテクティブボーイ

日々の感想 様々な視点 世の中をディテクティブ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福の条件

2013.03.02 (Sat)
※ネタバレありです


1993年のアメリカの恋愛映画

あるカップルの破局を描いたものです

結婚して建築家である男の夢である自分のマイホームもローンを組みながら建てて
幸せ絶頂だったが、やがて不景気により男はリストラ、ローンを返せなくなり、
このままでは家をさしおさえられてしまうことに。そこでギャンブルに投じ、一時は
儲けるものの、やがて破滅。そこに億万長者の男があらわれ女と一晩すごさせてくれたら
100万ドルをくれるといい、最初は断るものの、一夜限りと、将来のことを考えて、女は
一夜すごすことを男に提案。男もしぶしぶだがOKしてしまう。
それが過ちで、そのカップルは結局破局。だが最後は結局もとにもどる。

おおまかなあらすじはこんなもんです。

うーんなんか

女があんだけ憎んでた億万長者にあっさり落ちるのも納得いかないし
そっから復縁するのも早すぎだし
復縁するのもなんか億万長者がきっかけ与えてくれた感じだし

基本的に女が信じられない行動するのばっかでした・・・

ですが
最近長く付き合ってきた彼女と別れた僕としては
離婚調停にサインするシーンは泣いてしまいました
重なってしまって
あんなかっこよく別れをつげられませんだしたけどね笑
むしろおもいっくそ醜くわかれていまいましたけどね笑
あーしにてええ!!!
だからなおさらあのラストはうーんて感じです
そのままバッドエンドでもよかったかなあ
500日のサマーみたいな感じにすればよかったんじゃないかなあ

幸福の条件 [Blu-ray]

新品価格
¥2,008から
(2013/3/2 22:22時点)







スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。